2017.11.28
【東京開催】Rosic特別セミナー
_________________________________________________________________

戦略人事へのシステム活用で、どうしてうまく成果を出せないのか?
~「話題のキーワード」の呪縛を超えて、人事が確実な成果をだすためのポイントとは~
_________________________________________________________________


 ・日 時:2017.11.28(火)15:30-17:30(開場 15:00)
 ・申 込:こちらから
 ・会 場:東京都新宿区四谷2-12-1野村不動産四谷ビル7階 セミナールーム
             (JR 四ツ谷駅 徒歩7分、丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩5分)
 ・参加費:無料
 ・主 催:インフォテクノスコンサルティング株式会社/株式会社T4C
 


サントリー、キヤノン、カルビー、本田技術研究所、清水建設など、多くの日 本企業の人事を支援している「Rosic人材マネジメントシステム」の立ち上げ から関わり、14年に渡って、人材マネジメントに関わる方々を、システムを通 じてご支援してきた事業責任者が、これから人事に関わる方々がシステムで成果 を出すためのポイントをお伝えします。

****** ********

「タレントマネジメントシステムを導入したのに、成果が出ていない...」
「システムは導入したけれど、実はほとんど使われていない」
という声を、少なからず聞くようになりました。
製品比較をし、RFPを出し、慎重に導入を決定したはずなのに、
どうしてこのような状況に陥ってしまうのでしょうか?

最近では、
「これからは『AI』を搭載したシステムの検討が必要」
「『HR Tech』の流れに乗り遅れないようにしなくては」
「これからの時代には、グローバルのクラウドシステムが当たり前」
など、巷で話題になっているキーワードを追いかけなければ「遅れて」 しまうと
感じている方々も少なくありません。

本当に、そうなのでしょうか?
そうだとしても、自社での成果という観 点からみて、
今、正しい方向に進んでいるのでしょうか?
長年、多くの企業の人材マネジメントをシステムで支援し、
その成果を 目の当たりにしてきた経験から見えた、
「人事がシステムを活用して成果を出すための重要なポイント」
をお伝えするセミナーです。


<主な内容>
◆そもそも、人事はシステムに何を求めるべきなのか?

◆なぜ、多くの企業でシステム活用が成果を上げていないのか?
・ある2つの企業の人事との会話から
・なぜか、「ヒト」事にだけで起きる不思議な現象

◆人事を取り巻くキーワードとどう付き合えばいいのか?
・「グローバル・タレントマネジメントシステム」
・「SaaS型システム」
・「人事向けAI」
・「HR Tech」

◆人事がシステムに投資をするにあたって、押さえておくべきポイント

◆他社ではどんな取り組みをしているのか
・成功する企業の共通点
・ユーザーのシステム活用事例

机上の理論ではなく、これまで積み上げてきた経験と知識を基に、
生々しく、地に足のついた話をしていきます。 是非、ご参加ください。



【講師】

 インフォテクノスコンサルティング株式会社
 セールス・マーケティング事業部長
 大島 由起子氏





早稲田大学大学院修了・モナッシュ大学大学院修了。大学卒業後、株式会社リクルートに入社。
人事部採用担当、経営企画室、「就職ジャーナル」編集部を経て、フリーランスの編集者及びライターとして独立。
その後渡豪、モナッシュ大学大学院修了後、Hewlett-Packard Australia LtdのAsia Pacific Contract Centreにて、アジア地域の契約業務に携わる。HPとコンパックの合併時に、日本における契約システム統合のリーダーを務めた。
2004年よりITCに参加。人事情報システムの企画・導入に関わり、人材マネジメントにおけるIT活用推進のサポートを行う。
著書:『破壊と創造の人事』(楠田祐・共著) ディスカヴァー・トゥエンティワン

※今回のセミナーはシステムユーザー企業の「事業部の企画・人事・戦略・管理部門」
「経営企画部門」「人事部門」「情報システム部門」を対象にしております。
同業他社からのお申し込みはお断りしておりますので、ご了承ください。